手作り豆乳ヨーグルト作ってみたら激ウマだった件

以前から豆乳が大好きで、手作りをしている程なのですが、飲む以外に何か用とはないかな?と調べてみたら、どうやら「豆乳ヨーグルト」なる発酵食品があるということを知りました。

発酵ニストな私としては試さないわけには行かない!ということで作ってみました!

豆乳ヨーグルトとは?

そもそも豆乳ヨーグルトとはなにか、ということなのですが、私が作る豆乳ヨーグルトに限定した話ですが「豆乳を酵母菌で発酵させて固めたもの」という定義です。

豆乳が発酵すると固まるんですね。
かなり意外でした。

しかし、専門家の中には危険性を指摘している方も多いので、この日記を見て面白そうと思っていただくのは嬉しいのですが、自己責任でお試しください。

参考サイト
【注意】流行りの「玄米豆乳ヨーグルト」に専門家が強い警鐘 『最悪な健康被害』『雑菌たっぷり』

危険という根拠には、豆乳には発酵に利用する菌がいないので他のものからもらってくるのですが、その際に雑菌も入る、ということや、過発酵により雑菌が増える、ということなどです。

そもそも発酵食品全般に言えることですが、発酵させる際には雑菌との戦いが必ずありますので、ここらへんの衛生管理には本当に気をつけないと危険です。

今回の豆乳ヨーグルトについては結論が出ていないので、上記を読んで、また自分の五感をフル活用して安全性を確かめた上でお試しください。

出来たもの

前置きが長くなりましたが、早速出来たものをご紹介したいと思います。


ちょっと表面にひび割れがあり不格好ではありますが、きちんと固まってくれました。

また、お皿に入れると茶色いつぶつぶが見えますが、これは後ほど説明しますが玄米を入れているためでカビなどではありませんのでご安心ください。

味はヨーグルトのような酸味はなく、豆乳をより濃くしたような濃厚な味になりました。

特別煮詰めたわけでもないのに、発酵させるだけでここまでコクが出るものなのか!という程味が濃厚になりす。

名前は豆乳ヨーグルトですが、私としては豆乳チーズと呼んだほうが近いのではないかな?と思うような味でした。

とはいえ、やはりヨーグルトのような歯ざわり、食感でなんとも不思議な感じです。

とってもクリーミーな味に仕上がりますので、ヨーグルトのような酸味が苦手な方もこれなら好きになれるのではないかなと思います。

私は蜂蜜をかけて食べるのが好きですが、その他にもレモンなどをかけても合いそうです。

一度食べたら病みつきになる、そんな味です。
牛乳のヨーグルトや、豆乳は健康にいいけど味に飽きた、という場合などにこういう試し方もありだなと思いました。

作り方

作り方は至ってシンプルです。

用意するものは豆乳300mlに対して玄米大さじ2から3を用意して、容器に豆乳を入れて玄米を投入するだけです。

これを常温で1日から2日ほどおいておくだけで勝手に発酵してくれます。

例のごとく保存食棚で発酵させます

例のごとく保存食棚で発酵させます

ただし夏場などは温度が上がりすぎないようにしてください。
単純に腐りますので。

25度程度がいいのではないでしょうか?
なので今ぐらいの季節がちょうどいいと思います。

日数については気温と相談の上、1日おいても固まらないという場合はもう半日から1日様子を見る、という具合に試してみてください。

その他にも玄米の量も、完成したヨーグルを見て硬さや味、発酵速度を見て調整します。

作り方はとても簡単ですが、1つだけ注意点があります。

この豆乳ヨーグルトは、豆乳を酵母菌で発酵させるのですが、発酵が進みすぎると「過発酵」という現象がおこり、今度はアルコール発酵が起こってします。
そうすると炭酸が発生してしまいます。
また、酸味も出てしまい、せっかく固まったヨーグルトが液状に溶けてしまいます。

ですので、完成したヨーグルトは1日程度で食べきってください。
でないとせっかくいい感じで固まったヨーグルトが過発酵して溶けてしまいます。

しかし、これは個人的な話ですが、若干過発酵して適度な酸味と炭酸が出た溶け切る前の状態が美味しいとは思いますが、見極めが難しいので初めての方は固まったらすぐ食べるようにすることをおすすめします。

慣れてきたら色々と硬さや味などを調整して遊んでみるのも面白いです。

と、ざっくりですが作り方を紹介してみましたがいかがでしたか?
豆乳に玄米を入れて放置という簡単な方法で作ることが出来ますので、自己責任の上で試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに玄米を入れる理由なのですが、単純に玄米についている酵母菌を利用するためですので、別に玄米でなくてもいいです。

以前酒粕でも作れることを確認しました。
こちらの場合はアルコールが入っているので食べたあとほろよいになりましたが(笑)

その他に試してはいませんが果物などでもできそうですね。

その他に注意点としては、完成したものが変な臭がしたり茶色に変色していた場合は絶対に食べないで捨ててください。カビです。
例外として、玄米を利用した際にピンク色に変色した場合は麹菌が増えた可能性もあるのですが、これも素人判断は危険ですので、食べないでください。

発酵食品全般にいえますが、危ないと思ったら捨てる勇気が必要です。
もったいないかもしれませんが、食べて死んでしまっては意味がありません。
そのことだけは覚えておいてください。

以上、豆乳ヨーグルト日記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です