手作り米麹で甘酒を仕込んだお話

以前から麹について興味があったのですが、いきなり稲麹から麹を作るのは怖かったので、市販の種麹を使って米麹と玄米麹を作ってみることにしました。

米麹はよく食べていたので味を知っていたのですが、玄米麹は食べたことが無かったので、試しに通販で購入してみたりして研究をしたりしました。

そしていよいよ実践してみた結果、サムネイルのような立派な麹が出来ましたので日記にしてみました。

出来た麹


こんな感じでいい感じに板麹になり、いい麹ができました。

かなりふわふわな菌糸が発生していることがわかると思います。
玄米のほうにもそこそこ菌糸が発生してました。

甘酒造ったらすごい甘かった!

米麹で作った甘酒はもちろん、玄米麹で作った甘酒もかなり甘かったです。
米麹で作ったものよりは甘さ控えめですが、それでもしっかりとしたやさしい甘さがありました。

写真ではわかりにくいですが、玄米麹甘酒は若干茶色がかっているのが特徴です。

麹が残っていて、飲むというより食べるという表現のほうが近いかもれません。
しかし粒にも甘みが残っていてとてもおいしかったです。

これだけ甘いのに砂糖不使用というのが驚きでした。
とても健康によさそうです。

また、玄米で作った麹は、玄米の栄養がそのまま残っているため、通常の米麹よりも健康にいいそうです。

甘酒は好きだけど白米の麹だと血糖値が気になる・・・という方には玄米麹で作った甘酒がオススメです。

麹作りはとっても簡単!ということで

実は何度か米麹作りをしてまして、この間はなんと玄米2kgを一気に作りました!

この写真は1800gですが、これに後300gありました。

米麹作りは大変そうというイメージがあったのですが、思ったより簡単でした。

ということで、次回は米麹の作り方を紹介したいと思いますので、是非お楽しみにしていてください。

以上、米麹日記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です