干しバナナがいい感じに干しあがりました!

先日大量にバナナを買ったので天日干しをしたのですが、なかなかいい感じに干しあがったので試しに食べてみました!

これがまたなかなかの美味でしたので紹介したいと思います!

ではまず完成品をご覧ください!

どうでしょう?おいしそうじゃないですか?

食べてみると、スライスしたバナナは結構硬く干しあがりまして、丸ごとバナナのほうもカッチカチとまではいかなくても、いい感じに水分が抜けてねっとりしています。

こちらが干した直後なので比較すると、どのくらい水分が抜けたか一目瞭然ですね。

丸ごとバナナの場合、一番水分が抜けた状態でも「ちょっと柔らかい干し柿」と同じくらいの硬さにしかなりませんでした。
それ以上干してもバナナが小さくなっていくだけで、硬さ自体に影響は無かったです。

おそらく水分量が多いので完全に抜け切るのは難しいのではないでしょうか。

また、ちゃんと硬くなったバナナは味も干し柿と同じような感じになりました。
表面に糖が付着してそれが似ているんです。

科学的なことはわかりませんが、原理的に干すとそういう味になるんですかね。
とにかく干し柿っぽくてすごいおいしかったです。

保存食として見た場合には、丸ごとバナナはむいていないように思いました。
ただ、干している間は腐ったりはしないと思いますので、ちょっと食べるのに時間がかかりそうなバナナがある場合は、干している間に徐々に食べていくという方法をとると良いかもしれません。

長期保存をしたい場合には適度な厚みにスライスしたバナナを10日程度干すと上記のように茶色くなり、良い硬さになります。

保存方法は、密封できる保存瓶などに、お菓子などに入っている乾燥剤と一緒に保存するといいそうです。

保存食つくりには乾燥剤と瓶はあっても困らないので、捨てないでとっておくといいですね!
100円ショップで買ってもいいのですが、地味に痛い出費なんですよね・・・

というわけで、干しバナナの報告日記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です