きゅうりのぬか漬けは18時間以上漬けると良い感じになりますよ!

今までカブや大根、にんじん、バナナをぬか漬けにしてきたのですが、1つだけ避けてきた野菜がありました。
それはきゅうりです。

嫌いというわけではなく、むしろ大好きなのですが、ぬか床を作る1週間くらい前に馬鹿みたいにきゅうりをむさぼっていた時期がありまして、少し飽きてました(笑)

ですがようやくその飽きもなくなってきましたので、きゅうりを15本まとめ買いして(だから飽きるのに)漬けてみました。
時間を変えて漬けることで、今のぬか床と自分の好みの漬け具合が判ってきました。

もちろんぬか床は日々変化しますので変わってくると思いますが、現状こんな感じだよ、ということで記録に残したいと思います。

まずは買ってきたきゅうりを軽く水洗いしてキッチンペーパーで水分をよく拭きます。

よく拭き取らないとぬか床がゆるくなってしまうので気をつけましょう。

ちなみに、きゅうりは塩もみをして漬けるといいという人もいますが、これも例のごとく人によってバラバラなのと、何より面倒くさいので私は基本的にそのまま漬けます(笑)

こんな感じで上から見えなくなるようにぬかの中にしっかりと漬けてあげます。
漬かり具合が甘いと味も浅くなります。

さて、あとは時間がたったら取り出してあげるだけなのですが、ちょっと小休止。

実はトマトがかなり安く売っていたのでついでにまとめ買いしてました。
ですがちょっと熟しすぎていたので家にあった酢で酢トマトを作ってみました。

最近はやっているみたいなのでついでに紹介して見ました。

なんでも酢にはダイエット効果があるらしく、酢にトマトを漬けると疲労回復効果などもプラスされて良いこと尽くしらしいですね。
ちなみに味なのですが、丸ごとつけると味がしみこむのに時間がかかるので、味があまりしませんでした。

なのでその後カットしたトマトで試してみたらすごいおいしく仕上がったので是非皆さんもやってみてください!

こちらは一晩程度漬けるとおいしくなります。

さて、本題に戻りましょう!
きゅうりなのですが、最初は一晩漬けてみました。
それがこちらです。

これでもおいしいのですが、やはりちょっと味が薄い感じです。
浅いなーという感じでした。

なので次は18時間漬けたものを食べてみました。

先ほどのに比べると色が薄くなっているのが見てわかると思います。
味のほうも、こちらのほうは程よい酸味と塩加減で「あ、ちゃんと漬かってるな」という状態でした。

しょっぱ過ぎないので2本ペロッと食べてしまいました。

これがよくお店に並んでる味だ!と思えるものに仕上がったと思います。

なので私の中では「この色合いになった18時間程度漬けたきゅうり」が最強のきゅうりのぬか漬けになりました(異論は認めます!むしろ異論ください!)

ということで、皆さんもきゅうりの漬け時間に悩むことがありましたら、この日記を参考にしてみてください。
そして感想をくれるとうれしいです。

ちなみに私のぬか床は作って1ヶ月程度のものだということも補足として入れておきます。

以上、ぬか漬け日記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です